あばよ

『あばよ』

桜が散るころ描いていたやつ。

脅威のスピードで日々が過ぎていくので、もうすでに季節外れですね。

なんかこれ描いてるときは、雨とかよく降ってたな。


このごろは天気もよくて気分も上向きですが、しかし暑すぎやしないかね。

ついこないだまで、さむいさむいっていう日がまだあったのに。

春が一瞬で、もう夏みたい。

地球ちょっと心配。

けどエコロジストじゃないわたしは地球にやさしくないことをこれからも平気でしていくのでしょう。

具体的になにするかは思いつかないけど。


「あばよ」と言えば柳沢慎吾ですが、彼にはすこし席を外していただいて。

「さよなら」も「バイバイ」もなんかさみしいようなとき、あるいはそんな優しい言葉でお別れしたくないくらいむかっ腹が立っているとき、「あばよ」はスカッと気持ちがよくていいなぁと思う。

実際に面と向かって言う機会はそうそうないけど。

「あばよ!!!」なのか「あばよ…」なのか「あばよっ(柳沢慎吾)」なのか、その時々でしっくりくるものを、心の中で言ってみる。